専門商社様「女性社員マナー&コミュニケーション研修」岩手

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

 

CUES代表の小岩です。
この記事をご覧いただき、ありがとうございます!

大手専門商社様、販売先の女性社員様へ向けて、
マナー&コミュニケーション研修を実致しました。

26名の受講者様へ、業務を円滑に進めて目標達成するために、
マナーとコミュニケーションが欠かせないという部分を、
体験演習を中心に実施致しました。

 

男性講師による、女性社員への研修

上司や営業担当の男性視点から、業務に必要な視点をフィードバックできる。
男性講師として、女性社員に対して不安なく研修ができる。

私だからこそできる研修だと、
女性社員向け研修でご指名いただくことが多々あります。

女性コミュニティに数多く関り、女性から数多くの相談を寄せられる、
このような立場だからこそ、語れることが数多くあるのです。

 

あぁそうか!こうすればいいのか!

自身を振り返る、共通の悩みを持った方と共有するなど、
複数の会社から参加される研修ということで、
自身を振り返る、共通の悩みを持った方と共有するなど、
会話の時間をたくさん作りました。

違う会社だからこそ、言い合えることが沢山あったようです。

また、体感する演習を何度も重ね、
と気づいてもらう流れを、組み込んでいます。

ああそうか!こう感じるのか!普段自分はどうだったのだろう?
明日会社に行って、どんな風に使ってみたら良いだろうか?
と、改善したい場面が具体的に浮かんでいるようでした。

 

強み・弱みを業務に活用する

人には、強み・弱みがあります。
強み(得意なこと、良いところ)・弱み(苦手なこと、悪いところ)ともに、
視点を変えたり、角度を変えたりすると、弱みが強みになったり、強みが弱みになる。
そんな考え方を、最後にお伝えしました。

 

優柔普段やネガティブ思考ですら、視点を変えると「強み」であり「才能」である。
他の人には出来ない、あなたにしか出来ない才能でもある。

  • 優柔不断(ぐずぐずしていて物事の決断ができないこと)を、別の視点から捉えると…
    最後まで諦めない姿勢、常に全力を尽くす姿勢、 納期ギリギリで巻き返す力という見方もできるでしょう

自分だけではなく周囲の方々も、
同じフィルターで捉えていっていただきたいです。

 

あなたの強み(考えなくても、出来てしまうこと)は何ですか?
あなたの弱み(苦手なこと、自分の嫌いな一面)は、どんなものですか?

また、弱みは別の視点から見ると、どんな強みになるでしょうか?

 

研修や組織インタビューを通じて、皆様に価値貢献できたら幸いです。

ではいつか、
あなたとお会いできるのを、楽しみにしています!


 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です