音声案内を使い、電車の切符を購入する方法!

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b36

CUES代表の小岩です。
この記事をご覧いただき、ありがとうございます!

視覚障害の友人と電車に乗る際、教えていただきました。
視覚を使わずに、電車の切符を買う方法です。

数字ボタンを活用する!

テンキーの、アスタリスク(*)を押すと、
音声モードが起動します!

続きは音声ガイダンスに従って操作します。
動画を撮影したので、ご覧いただくと嬉しいです。

 

あらかじめ運賃を把握しておく必要がある!

いつも乗り慣れた路線なら、運賃を覚えているかもしれません。
初めて行く街だとしたなら?
年に数回しか、訪れない街なら?

運賃を調べなければ、買うことが出来ません。

券売機の近くには、点字の料金表があることがほとんどですが、
点字を読むことが出来るのは、視覚障害者の15%なのです。

ここで、私たちがお手伝いできることがあります。
料金表を読んで差し上げるのです。

 

何かお手伝いできることありますか?
途中まで、ご一緒させていただいても良いですか?

この一言が、相手の為になるのです。

 

いつか自分が、同じ立場になるかもしれません

自分自身の視力が落ちた時、家族や周りに弱視の方がいる、
事故や病気で視力を失ってしまった。
そんな方々を、多く知っています。

そんな転機が訪れないことがベストだと感じますが、
いざという時のために、覚えておくと便利そいうですね。

切符を買うこと自体、少なくなっていますが、
時間ある時に、各電鉄の券売機を確認出来るといいですね♪

あなたの周りに、目の不自由な方はいらっしゃいますか?
その方と会話をするならば、どのような会話をしたいですか?

研修や組織インタビューを通じて、皆様に価値貢献できたら幸いです。

ではいつか、
あなたとお会いできるのを、楽しみにしています!


 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です