CUES

営業職・技術職・管理職が成果を出す、社員研修の秘訣 東京/岩手

 080-9805-0335

受付時間

受付時間 9:00~18:00 ※留守電の場合あり

第6回イオン同友店「ロールプレイングコンテスト全国大会」

      2016/11/16

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b35

 

CUES代表の小岩です。
この記事をご覧いただき、ありがとうございます!

本日は、イオン同友店会さんのロープレコンテストに足を運び、
全国から選出された30名の成果を拝見して来ました♪
午後研修が入っていたので、泣く泣く途中退席だったのが残念。

各テナントさんや、施設の方々の応援が熱く、
予選や地区大会で有意義な時間を過ごされた様子が伺えます。

せっかくなので、ロープレの重要性に触れてみましょう。

 

営業現場と販売現場の、ロープレは欠かせない!

特に、営業現場と販売現場の、ロープレは欠かせない!
継続的改善に欠かせない手段だと、とても重要視しています。

練習せずに、甲子園で結果を出す!
準備をせずに、大学入試に挑む!
それで結果を出す人もいるでしょうが、多くの人は撃沈します。

そして私こそ、
練習せずに戦争に行く、そんな営業マンだったのです。

 

結果が出なくて、現場が疲弊する!

練習せずに、戦争に行く…
アポが取れても、結果が出ない…
結果が出ないので、アポを取るのが怖くなる…

どんどん深みにはまり、数字が出なくなる。
そりゃそうです、練習してないんですもん(笑)

これを繰り返してしまうことで、
現場に疲弊感があふれてきたり、
部内に悪影響が起きてしまったり、
ストレスや体調不良にまで発展してしまうケースがあるのです。

 

だから、失敗して良い場を与える

練習とは、失敗して良い場です。
失敗して良いという前提で、チャレンジさせる姿勢が大事です。
構えてしまって、失敗できない環境では、思い切ったチャレンジが出来ません。

私の講師業界で言うと、登壇練習がこれに当たりますし、
スポーツ選手で言うと、ゲーム練習がこれに当たります。
映画やドラマの撮影で言うと、何度も行われるリハーサルがありますよね。

どの業界でも、
失敗して良い場をしっかり作って、チャレンジさせる環境があるのです。

 

それでも彼らは、チャレンジしたくない

社内の環境が揃っても、チャレンジしないのが実情です。
なぜなら、同じ仲間やライバルに、批評されたり指摘されたりしたくないからです。

そこで必要とされるのが、外部講師です。

営業研修で、繰り返すロープレとフィードバック。
接客研修で、繰り返すロープレとフィードバック。
外部講師が、批判ではない「伸ばしたい点」「改善する点」を伝えることで、
モチベーションを牽引しつつ、繰り返しながら改善へ導いてゆくのです。

 

練習せずに戦争に行っていた、営業マンの現在とは。

現場で右往左往していた私でしたが、

断りの切り返しトークや、価値の言語化などを繰り返し、
10本電話かけると、アポが何割取れるか、契約が何割取れるか…
逆に、予算をクリアするには何本電話かければ良いか?
と、自身をマネジメントできるようになりました。

しっかり練習し準備したから、蓄積されて結果になっています。

また、練習相手として顧客役を何度も繰り返すことで、
顧客の視点を得ることが出来たのも、非常に効果が大きかったです。

これらの経験を踏まえて、
営業研修ではロープレを何度も繰り返すことを大事にしています。

ですから、営業現場と販売現場の、ロープレは欠かせない!
継続的改善に欠かせないと、重要視しています。

 

あなたは、練習してから戦場に赴いていますか?
戦場で結果を出すために、必要な準備と練習は、何がありますか?

研修や組織インタビューを通じて、皆様に価値貢献できたら幸いです。

ではいつか、
あなたとお会いできるのを、楽しみにしています!


 

 お問い合わせはこちら

 - コラム・事例, 営業マンの悩み , ,