メーカー様「新入社員 ビジネスマナー研修」

a0003_001879_m

 

CUES代表の小岩です。
この記事をご覧いただき、ありがとうございます!

大阪市内で、2日間にわたる28名の新人研修を終えました。
昨年に引き続きのご指名で、昨年以上の内容だったとご評価いただきました。
自身の成長を感じる言葉が、心から嬉しいです。

ビジネスマナーで仕事を失うこともある!

今更ですが、マナー一つで仕事を失うことさえあります。
なぜなら、「この人に社員や、事業の将来を任せられない」とさえ判断されるから。
例えば、靴下の穴が「隠れて手を抜く」、お辞儀が「またお願いしたい」などの印象に繋がることも。
出来て当たり前のマナーが、大きな影響を与えているのです。

 

小さな差こそ武器になる!

小さな他人との差こそ、武器になっていると私自身感じています。
なぜなら、普段の仕草やとっさの出来事に、本質を理解している「差」が際立って見えるからです。
立ち位置や歩く位置、鞄の持ち方や置き方など、小さな判断の積み重ねに本質が表れています。
相手のためにという、本質的なマナーこそが重要なのです。

 

マナーの本質は、この3つ!

  • 目的を理解している
    目的(何のために)が理解できている事が重要です。
    なぜなら、目的と理由がわかれば、必然と行動が見えてくるからです。
    例えば、ワイシャツ袖長さ、ポケットフラップの出し入れ、名刺の仕舞い方などに、全て明確な目的と理由があるからです。
    よって、目的と理由(なぜ?)を、意識が醸成できる研修運営が必要でしょう。
  • 相手のため>自分のため
    相手のために、身だしなみやマナーが必要です。
    なぜなら、相手を敬い不快にさせないため、お洒落ではなく身だしなみが必要なのです。
    例えば、髪型や髪の色、ネイルやアクセサリー、シャツやネクタイの色などは、相手を不快にさせる要素でもあるのです。
    あなたは相手のために、身だしなみやマナーが出来ているでしょうか。
  • 反復練習。
    所作仕草などの動作は、反復練習が必要です。
    自転車を乗るように、考えなくても実践出来る状態が求められるからです。
    具体的には、店員さんとの関わりや、友達と遊ぶ際など、業務外も活用する必要があるでしょう。
    業務外も活用した反復練習を、具体的に計画するプロセスが必要です。

 

講師の関わりこそが重要だ!

結局、これらの成果を生むには、誰が導くのかも重要なのです。
経験が浅く、右往左往している新人を、的確に導くのは講師の力です。
目的意識や具体化と計画、また相手のために実行していく推進力などを組み合わせ、
受講生の行動変容につなげていく必要があります。

それには、受講生毎に傾向を把握し、個々の傾向に合わせて言葉を選んで使っていく。
ここで講師も「相手のために」エネルギーをフルに発揮し、成果に導くのです。

ですから常に本気で、
目の前の受講者の成長を、100%信じています。
この行動変容が、将来事業の変革さえ生み出している姿が、明確に浮かぶのです。

間接的に、日本の文化が生み出され、
間接的に、日本のインフラに関われていることが、心から嬉しいです。

 

あなたが、ビジネスマナーを見直して
相手のためにできることは、どんなことがありますか?

 

研修最後は、行動変容によって「未来が変化した瞬間」が映像で浮かび、
思わず涙ぐんだまま、メッセージをお伝え致しました。
そんな受講生と、同じ時間を過ごせたことが、心から光栄です。
そして、東京へ移動して明日は打合せの予定です。

 

ではいつか、
あなたとお会いできるのを、楽しみにしています!


 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です