IT情報通信企業様「新入社員 仕事の基本研修」

ee30a2c18f12f2c7c92009ddbde61c7a_s

 

CUES代表の小岩です。
この記事をご覧いただき、ありがとうございます!

東京都内で、2日間にわたる28名の新人研修を終えました。
そして、大阪へ移動して明日に備えます。

新人研修はとても重要だ!

今更ですが、新人研修の重要性を感じる時期です。
なぜなら、配属先で業務遂行できる人材になる必要があるからです。
そのために、社会人意識や、他人と協働する、チームに貢献するなどを「体感する」ことが重要。
その「体感覚」こそが、現場の業務遂行に必要なのです。

 

この差が、将来的に大きな差になるからだ!

まさに、スタートダッシュが大きな差になっています。
上昇する角度が、1度・2度ずれるだけで、将来的な到達点の差になるからです。
特に、失敗体験・成功体験と、他者視点とフィートバックは「意識変革」につながりやすいです。
将来的な成果を生み出すには、最初が肝心なのです。

 

重要視される「具体的な事例」は、この3つ!

  • 目的と目標の重要性を理解
    目標(ゴール)・目的(何のために)の、両輪がとても重要です。
    なぜなら、どちらも定まらないと、手段や工程が定められません。
    北海道に行くのを決めても、目的が決まらないと、交通手段や日程が決められない。
    計画を組み、実行して、自己改善していくには、目標と目的は必須条件です。
  • 相手のため>自分のため
    自分の発言や取り組みが、誰かのためになっている事が重要です。
    なぜなら、仕事は誰かの問題解決の対価である以上、この視点は欠かせません。
    例えば、自分よりもチームのため、会社のため、取引先やお客様のためという意識。
    誰かのためにという意識が、成果に繋がる力になるでしょう。
  • 具体化と計画。
    自身の改善点を見つけても、解決に導く力がありません。
    なぜなら、改善策を具体化出来ずに、自走できないからです。
    例えば「●●を意識する」を具体化すると、紙に書く、机に貼る、毎朝メールが来る設定にするなどの手段があるでしょう。
    これら具体化させるには、研修内容と講師の手腕が必要なのです。

 

講師の関わりこそが重要だ!

これらの成果を生むには、誰が導くのかも重要なのです。
経験が浅く、右往左往している新人を、的確に導くのは講師の力です。
力量や反応を把握し、行動から状況を的確に把握し、挑戦と失敗を促していく。
相手のために、組織のために、関われる講師こそが成果に導けるのです。

講師として、目の前の受講者の成長を、100%信じています。
そして、一人一人が成長するために必要なポイントを、一人一人声を掛けています。
そんな受講者が、徐々に行動変容していき、将来事業の中枢で活躍している姿が浮かびます。

間接的に、日本の文化が生み出され、
間接的に、日本のインフラに関われていることが、心から嬉しいです。

 

あなたの仕事も、日本や世界で欠かせないものでしょう。
日本の文化や技術に貢献するために、あなたが「今」できることは何ですか?

 

ではいつか、
あなたとお会いできるのを、楽しみにしています!


 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です