CUES

営業職・技術職・管理職が成果を出す、社員研修の秘訣 東京/岩手

 080-9805-0335

受付時間

受付時間 9:00~18:00 ※留守電の場合あり

怠慢だと言われない、指示・命令とは?

      2016/04/17

89b228e520b2f6a278f41d2126c72b41_s

 

CUES代表の小岩です。
この記事をご覧いただき、ありがとうございます!

 

今日とあるポスターを見て、疑問に思いました。
「夢を掴め!」
「努力の先に希望がある!」

これを見て、みなさんは「夢を掴む」「努力する」事が出来ますか?
どうすれば掴めるのか、どうすれば努力できるのか、全くわからないので、
残念ながら、私には出来そうにないと疑問に感じたのです…

 

同じ様な事が、スタッフへの指示や、
お客様への接客でも、起きていると感じています。

例えば、
「あれ並べておいて!」
「これ片付けておいて!」

何となくニュアンスはわかるものの、
「どこに」「いくつ」「いつまでに」「どのように」という所がなくて、
私が意図した通りの内容が出来るものなのか、凄く不安に感じます…

 

という事で、
具体的な指示を考えてみましょう。

「あれ並べておいて!」(全体像)
「この棚の2段目に、この在庫全部を2列に並べて欲しい」(どこに~どのように)
「周りの商品を並び替えてもOK!あなたのセンスに任せます。」(具体的どのように)
「混む時間だから、出来れば20分くらいで終わらせてほしいな。」(いつまでに)
「終わった時、終わりそうにない時、悩みそうな時は、早めに声掛けてね!」(報告・相談)

という様な、イメージで伝えます。

これに加えて、相手の理解を深めるために、
「何のために(目的・理由)」を伝えたり、
「並べ方一つで売れ方が変わるから、色々試してみて!」
など成長を促すポイントが示せたら最高だなと思います。

 

ここでポイントなのは、
「終わった時に声掛けてもらう」報告と、
「終わらない、悩んでしまう」前に、相談を指示していること。

報連相は、上司が待つだけではなく、
指示して反復訓練させていく事が役割でもあります。

このように、
具体的指示の必要性はご理解いただけることと思います。
でも実際にやってみると、とても難しい。

なぜなら、正解がないから難しい。

 

相手によって理解にずれがあったり、
感覚のずれがあったりして、
うまくいかない事が何度もあることでしょう。

脳の使い方のタイプによっても、
大きく影響を受けてしまいます。

ですから、実際に現場で使って、
トレーニングすることが、とても大事になってきます。
試行錯誤しながら、体で身に着けていって下さいね!

 

あなたの立場なら、
どのように指示の工夫ができますか?

 

ではいつか、あなたとお会いできることを、
心から楽しみにしています!

 

 

 お問い合わせはこちら

 - コラム・事例, リーダーの悩み ,